メニューを飛ばして本文へ進む

サブメニューを飛ばして本文へ進む

所長挨拶

東京都教職員研修センターホームページへようこそ

子供たちの学びを支える教師力・学校力の強化

東京都教職員研修センター所長

平成29年4月から、東京都教職員研修センター所長に就任いたしました 出張 吉訓(ではり よしのり)です。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、平成29年1月に策定されました「東京都教育施策大綱」には、平成32年度までを対象とし、東京の将来像とそれに伴う目指すべき子供たちの姿を掲げ、その実現に向けて特に優先的に取り組むべき重要事項と取組の方向性を示しています。その一つに、「子供たちの学びを支える教師力・学校力の強化」という重点項目があります。変化の激しい新たな時代に対応できる力を子供たちに育むためには、まず教員が時代や社会、環境の変化を把握し、状況に応じて適切な学びを構築していく力を身に付けることが必要です。

当センターでは、この重点項目を具現化する手だてとして、以下のような取組を推進していきます。

1 教員一人一人に応じた研修計画作成支援の充実
教員一人一人が、時代の変化や自らのキャリアステージで求められる資質・能力 を生涯にわたって高めていくため、自ら課題をもって自律的、主体的に研修に臨んでいく必要があります。当センターでは、主体的に自らのキャリアを計画するための支援ツールとして、「マイ・キャリア・ノート」の活用を推進していきます。
2 様々な教育課題への対応
平成29年3月に示された新学習指導要領を踏まえた教育実践の在り方や、3年後に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて子供たちにレガシーを残すためのオリンピック・パラリンピック教育の進め方等、様々な教育課題に関する理解の促進と指導の充実を図るための研修会を運営していきます。
3 OJTや自己啓発及び研究への支援の充実
学校のニーズに対応した都教委訪問を実施するとともに、授業研究ヘルプデスク、教育資料閲覧室やホームページ等による多様な教育情報の提供、教員が組織する研究団体への支援等、教職生活全体を通じて教員が自主的に学び続けるための取組を支援していきます。
4 次代を担う人材育成のための多様な取組の推進
「次世代リーダー育成道場」の事業等を通して、都立高校生に、新しい時代が求めている能力や、異文化体験を通して得られるチャレンジ精神等を育み、世界の舞台で活躍できる豊かな国際感覚を育成していきます。

今後も当センターでは、都内公立学校の教職員等を対象とした研修をはじめ、教育の充実・発展に資するため、様々な事業を展開していきます。

東京都教職員研修センター所長
出張 吉訓

 

先頭へ